サイトの概要

このウェブサイトは、京都大学大学院博士課程三年次在籍中に心がくじけて中退し、 自殺もやむなし、とまで考えた著者が、結局は一年余の無職生活を経て、 名古屋大学医学部に編入学し、一人前の医学研究者になるまでの軌跡をつづる予定のものです。 予めことわっておきますが、一介の臨床医で終わるつもりは毛頭ございません。

研究者としての才能があっても、何らかの事情で博士課程在籍中や修了後に挫折し、 結局は不本意な職に就いたり自殺したりして才能を埋もれさせてしまっている人が、 世の中には少なからず存在するものと思われます。 これは当人にとってはもちろんのこと、社会に貢献し得る貴重な人材を失うという意味で、社会的にも重大な損失です。 そのような形での才能の喪失を回避し、貴重な人材を世に活かすために 一つのモデル事例を示すという意味で、当ウェブサイトが少しでも参考になれば、と、願っております。

そのような趣旨ですので、このサイトでは建前を極力排除し、思う所を率直に記すという方針で記述しています。 その一方で私は、日本の医療、医学、医学部教育および医学部学生のあり方について、大いに不満と反感を抱いております。 従って、多くの方、特に医学部学生や医師の皆様、 さらにいえば名古屋大学医学部医学科関係者を、不愉快にさせる記述が多くなるものと思われます。 その点を、予めご了承ください。

不適切な内容や事実誤認などにお気付きの際は、comment at domain.jp までご指摘ください。なお、at は @, domain.jp は mitochondrion.jp に置換してください。 以前は webmaster@mitochondrion.jp を使っていましたが、こちらはスパムメールの山に埋もれてしまっております。


著者略歴

ほとんど実名で書いているようなものですが、一応、匿名扱いでお願いします。

1982年11月 誕生
2001年3月 私立麻布高等学校卒業
2002年4月 京都大学工学部物理工学科入学
2006年3月 京都大学工学部物理工学科卒業
2008年3月 京都大学大学院エネルギー科学研究科修士課程修了
2008年4月 京都大学大学院エネルギー科学研究科博士課程進学
2010年6月 学籍だけ残し、研究室に通わなくなる
2011年3月 京都大学大学院エネルギー科学研究科博士課程退学
2012年4月 名古屋大学医学部医学科編入学
2016年3月 名古屋大学医学部医学科卒業
2016年4月 北陸医大附属病院 (仮) 初期臨床研修医
現在に至る

目次

回顧録

医学日記

雑記


よく分からないことメモ (抜粋)

この項目はメンテナンスできていません。放置中。
割と間抜けな疑問が混ざっているかもしれない

内科学

放射線科学


2012.03.01 更新

解決済み


更新履歴(抜粋)


Since 2011/12/08, webmaster@mitochondrion.jp

リンク

全て、いわゆる無断リンクです。
Valid HTML 4.01 Transitional